MVNOとキャリアとの違いとは

MVNOとは携帯会社や大手キャリアから回線設備などの、インフラを借りてサービスを提供している仮想移動体事業者の事を指す言葉です。


携帯会社やキャリアなどからインフラを借りてサービスを提供していて、独自の回線設備などを所有していないのでその分利用者が支払う基本料金を安く抑えられるという特徴があります。
MVNOという名前の他に分かりやすい名前として格安SIMなどという名称で呼ばれることも多いです。



キャリアとの違いとして基本料金やサービスなどが挙げられます。
それぞれに様々な面での違いがありメリットやデメリットなどがあります。

基本料金についてはMVNOは携帯会社から回線設備を借りてサービスを提供していて、回線設備などのインフラへの投資や管理費などが必要ないので基本料金をとても安く抑えられています。これに対してキャリアの場合だと回線設備への投資や管理が必要になったり故障時などのサポートにも費用が掛かり、様々な費用を上乗せしているので利用者が支払う基本料金が高くなりがちです。



またMVNOにはキャリアメールという概念がないのでメールアドレスが欲しい場合には無料メールなどで代用する必要があります。


キャリアメールが利用できるのはキャリアだけなのでSIMを契約する場合には確認が必要です。



その他にもキャリアだと故障時のサポートなどの様々なサービスを受けることが可能ですが、MVNOの場合だと基本料金が安い分受けられるサポートなどのサービスも少ないです。

MVNO入門

MVNOは、他社から通信インフラを借りて、ユーザーに音声通話通信やインターネット通信を提供している事業者です。ほぼ携帯電話会社といった事業を行っています。...

more

最新情報

スマートフォンを利用するのにSIMカードは必要不可欠です。SIMカードはスマートフォンに挿入されており、電話番号やインターネット回線を利用するのに必要です。...

more

プチ情報

スマートフォンの月々の利用料金を節約することのできる格安SIMを提供している事業者のことをMVNOといいますが、これはMobileVirtualNetworkOperatorを略したもので日本語にすると仮想移動体通信事業者という意味になります。格安SIMはその名の通り一般的な携帯電話キャリアに比べてかなりリーズナブルな料金でスマートフォンを使うことができるので、なぜはこんなに安いのかと思った人も多いでしょう。...

more

サポート情報

MVNOは、契約に縛られないという大きなメリットがあります。従来までの大手キャリアとの携帯端末の契約には、大きなデメリットがありました。...

more