話題のMVNOの特徴とは

スマートフォンの月々の利用料金を節約することのできる格安SIMを提供している事業者のことをMVNOといいますが、これはMobileVirtualNetworkOperatorを略したもので日本語にすると仮想移動体通信事業者という意味になります。格安SIMはその名の通り一般的な携帯電話キャリアに比べてかなりリーズナブルな料金でスマートフォンを使うことができるので、なぜはこんなに安いのかと思った人も多いでしょう。

MVNOは大手の携帯電話キャリアから携帯電話回線などの通信インフラの一部を借りて自社のサービスとして提供しているほか、実店舗をあまり持たないことなどで安くサービスを提供している特徴があります。


そのためキャリアからMVNOに乗り換えるには、自分でSIMフリーの端末を用意したり手続きをする必要もあるため、面倒に思われることもあるかも知れません。



しかし使ってしまえば、利用料金が大手キャリアに比べて3分の1になることもあるなど多くのメリットがあります。



MVNOで使えるSIMフリーのスマートフォンを用意するには必ずしも新しく購入する必要はなく、2015年5月以降に発売されたものであればSIMロック解除をすることでSIMフリーになり使うことが可能なので、気に入っているスマートフォンならそのまま使えて便利です。



またMVNOに乗り換える場合、MNPを利用してそのままの携帯電話番号を引き続き使うこともできます。