SIMカード選び、MVNO各社の特徴

スマートフォンを利用するのにSIMカードは必要不可欠です。



SIMカードはスマートフォンに挿入されており、電話番号やインターネット回線を利用するのに必要です。
SIMカードを提供する会社によって利用できるサービスに違いがあります。

音声通話や通信回線、料金プランや会社独自のサービスなど、ユーザーの目的に合ったSIMカードを利用すると良いでしょう。

通信回線をメインで利用するならMVNO各社のSIMカードが最適です。



MVNO各社は高速通信回線や格安SIMなどの通信回線を売りにしたサービスを提供しています。
高速回線はインターネットを快適に利用するなら必要です。


動画視聴などの大きなデータを扱うのに向いています。

月間の通信量が多いのも特徴です。



格安SIMは最低限の通信量と標準的な通信回線を利用できます。1GB〜3GBのプランなら月額1500円前後で利用できます。音声通話と通信回線をメインで利用するなら携帯キャリアを選びます。


携帯キャリアは利用頻度に応じて最適な料金プランを選べます。


従量課金制の音声通話プランや固定金額の通話し放題プランなどがあります。


最近はインターネット通話が主流なので、音声通話は従量課金制にして料金を節約している人が増えています。
MVNO各社と携帯キャリアの両方のSIMカードを使い分けることもできます。この場合端末を2台用意できると良いでしょう。

MVNO各社のSIMカードがインターネット用、携帯キャリアのSIMカードが通話用というように2台持ちします。これのメリットはそれぞれのバッテリー消費を抑えられること、使用頻度の少ない方をサブ機として使えることです。