契約に縛られないMVNOの魅力

MVNOは、契約に縛られないという大きなメリットがあります。



従来までの大手キャリアとの携帯端末の契約には、大きなデメリットがありました。


それは、一度契約をすると他の会社と契約をすることができなくなってしまうということです。

一定期間を警戒しないとその契約は解除されないので、契約期間内は必ずその会社と契約をし続けなくてはいけません。これを一般的に二年縛りといいます。

大手キャリアには、様々なプランが存在する一方でユーザーを他の会社に渡さないために様々な制約を付けています。



契約を一度行うと様々なプランによって契約期間の延長が行われて、気づかない内にどんどん利用期間を長くされてしまうデメリットがあります。

そして、契約を中途で解約する場合には違約金を支払わなくてはならず、それがさらにユーザーの負担となっていました。

実際に、この件に関しては何度も行政指導が行われています。
MVNOではそのような面倒なことが存在しません。MVNOは、契約をしたとしても中途で解約することができ、それに伴う違約金なども生じません。

MVNOはサービスプランに伴うコスト削減を実施していて、ユーザーに対して余計な負担をかけないようにしています。自由な選択ができるメリットと格安の料金でサービスを使える両方の利点が存在します。


SIMフリーで利用することが前提であるため他の会社と契約をすることに大きな制限が存在しない背景があります。